早春の寒さを克服するための肩。春の雰囲気を楽しむためのファッションにも使用されています。薄いウールとシルクで作られており、和風と洋風の両方で使用できます。着用者と視聴者の両方が春の到来を感じています。大阪の出会い

春ショール
(Tsu桃子)
春ショール
(Aあや)
春ショール
(東笠)
音を立てる海の前の春のショール
(酒井千代子)
春ショール
(中村Re子)大阪の出会い
伏目春ショール
(稲垣菊乃)
春ショール
(中村Re子)
交番で肘を待っている春のショール
(北大路ウイング)
花、特に春のショールを買う
(佐野道)
春のショールごとにあなたと歩きたい
(永井和子)
待望の顎を沈めるスプリングショール
(深津一葉)

まだ海岸から太陽が降り注いでいるのは薄いyoですか?
(池田すみ子)大阪の出会い

池田澄子のこのフレーズは、風景画のように美しい。
薄いので、春のショールだと思いました。
“カメ”

調査してみた 〜大阪で出会いたいなら試すべき19のこと

亀と女の鐘
亀と唇のタッチ
破れたカメと貝殻を忘れる

季節の言葉は「カメのニャー」です
子供の言語大阪の出会い
亀の看護師

川沿いの長い道の暗闇で尋ねると、カメが鳴ります
(藤原武)
亀の声などの古い歌から。実際、カメは鳴りませんが、春の感覚があります。

きしむ鳴かないカメとカラス
(渡辺隆夫)
ツイートをカメに移動する
(鈴木正樹)大阪の出会い
原awaで日本酒を飲むと、亀が鳴ります。
(森純男)
カメが鳴るとき