物語が戻ります。出雲に取材に行ったときに出会ったときに

小さなレストランに集まるおじ。
私は8月末に に来ました(涙)今回は八景島シーパラダイスと鎌倉(笑)に行きました。もし家の父が生きていたら、それはこの年齢であり、私はそれを助けることができなかったと思います。
本当にリアルです。高崎の割り切り
さて、気分は、3億円の事件でそのヘルメットの写真に写っている人は古いということです。
突然、「りんちゃん、出会いの意図はありますか?」 』「京急エクスプレスは信じられないような質問をします。
ムッカ!忘れてしまいます。 「それで、お父さんはいますか(あなたはそれを呼ぶ)?」
「うーん、わかりませんか?」高崎の割り切り
この人はすでに思考回路を持っているのだろうか。
よくわかりません。分かりません。
持っていない場合はどうしますか?高崎の割り切り

出雲の人々は知っているか知らない、
偉大な権力者と天照間の権力の移転はそれほど快適ではなかったことをご存知ですか?
しかし、私はいつも「私は日本が好きです」と言うので、それはそれらすべてを含むと思います。
人と人とのつながりがあるため、とてももろい
非常に素晴らしい。出雲の父
最近の夢は家で息子の結婚式に行き、夢は無限です。
最近、人間関係が希薄になっているのは珍しい関係です。私は恥ずかしがり屋ですが、心を落ち着かせます。

高崎の割り切り「Issue One Day」は環境に優しいです。
虐待や虐待の推進など、さまざまなものがありますが、
あなたができることに直面して、
逃げずにgivingめずに生きたい。明日から乗kura。
これが今年最後のアルプスです。高崎の割り切り
次は来月軽井沢です。
現在の状況が統一されていないことを残念に思います。
逃避

高崎の割り切りここに癒しがあるから