「ええと、キスがありますか?」

高崎の割り切りはまさかの美人です

「キスを知っていますか?」

店員は意図せずに「何ですか」と尋ねました。

「えーと、キスはバカなことで、かつて飼っていた猫が嫌いで大変でした」

高崎の割り切りはますます混乱しています。

高崎 〜割り切り出会い掲示板【情報】

仕方ないので行ってきました。
「この人はイライラしています。猫から身を守ります。」

「あ、病気ですか(笑)」

高崎の割り切りが売場の正確な場所を教えてくれました。
後で謝ったとき、私は笑って言った、

「キスの意味を尋ねられたので、彼は悪い顧客だと思いました。店長に電話をかけようとしていました。」

電話して欲しかった(笑)

お詫びとして、いつかお茶を作ろうと冗談を言ったら、その場でLINE IDを教えてもらいました。
本当に?

アヒージョを助けて