職人は一人でかなり年をとっているようです。
その外観は隠者のようです。どうやら、電話の人はこの人です。
先日電話をかけてきたのは彼だと言うとすぐにピンチになっているようだったので、中に招待しました。
ワークショップには少しほこりっぽい合成皮革のソファがあります。

高崎 〜割り切り出会い掲示板【情報】

私はプロンプトに従ってそこに座っていました、そして実際私はこれを提供しました、そして私は私が持ってきたナイフを提供しました。
高崎の割り切り
「ああ、それはドイツのヘンケルによって作られました。」

老職人はナイフに微笑みかけ、親指で刃に垂直方向に叩きました。

「外鋼は柔らかく、最初は良いですが、すぐには切れません。」

意外とマイルドでした。
きっとあなたは電話で怒鳴るでしょう、さもないとあなたは友好的でなくて必要不可欠なものだけに答えるでしょう。
私は両方が恥ずかしかったそのうちの私の利己的な「職人」について先入観がありました。
高崎の割り切り
「鋼の不足はなく、これにより元の切れ味が回復します。すぐに完成します。」

1時間経ちました。
老職人はなんらかの理由で笑って新聞を出し、よく研いだと言った。

そのとおり。

それは瞬間的な出来事でした。
もう一方の手から振り下ろされた包丁が空を切り裂いた。
落ちたのは2つに分かれた新聞でした。

「こんにちは、まな板はプラスチック製ではありませんか?」

老職人は彼が正しいと言った。
高崎の割り切り
「結局のところ、それはナイフの刃には最適ではありません。木材を使用してください。いいえ、高価なまな板は必要ありません。」