「ちょっと待って…ソフトクリームを買います」

買って帰ってきたのですが、最近見たことのないものを飛ばそうとすると、知らない男に会い、「見た!恥ずかしくて走り出し、

高崎 〜割り切り出会い掲示板【情報】

転んだ。ちょっと足を踏み入れたところ、ソフトクリームがぎこちなく見え、目に入った男が顔から微笑んだ。顔を変えて心配そうに見えたので、1、2歩進んでいるのが見えたが、高崎の割り切り視線の前に、友達以上で恋人以下の彼の車が近くに駐車していたので、気づいて止まった(その後は他人だったのでわからない)が、揉まれて血まみれになって恥ずかしかったので急いで彼の車に戻ったが、彼は爆笑した。
確かに、心配するよりも笑わせる方がいいのですが…

でも幼い頃から転ぶのは本当に簡単…苦笑

これは… 7-8年前です。
「かわいいもの…?」\高崎の割り切り

「私は今ここにキャンディーを持っていますが、彼が持っているキャンディーを推測するなら、彼は噛む​​べきですか?」

“うん”

“どれ?”

「うーん、これ!」
高崎の割り切り
(手を開いて)
「キャンディー…あった」
(見下ろしますが、勇気を出して顔を上げます)
「いいことを教えてあげる!耳を貸して…」高崎の割り切り